つぎコレ!

誰かの小さなキッカケを作るブログ!

バンドを組む方法

f:id:cedar1218:20160102004313j:plain

 

ギター・ベースはやっているけどバンドはやっていないという方は多いです。

個人で楽しみたいだけなら全然いいのですがバンドをやってみたいのであれば勿体無いですよね。

今回はバンドを組む為にはどうすればいいかを考えてみました。 

1.友人や知り合いと組む

すでに楽器をやっている友人・知人に声をかけてバンドを組む。

これが一番多いかと思います。周りを見渡してみると必ず楽器をやっている人がいるはずです。

バンドを組むとまでいかなくても、声をかけて一緒にスタジオへ入るなどアクションを起こしてみましょう。その人繋がりでさらにメンバーが見つかったりするものです。

そんなにやってる人いるのか・・・と思われるかもしれませんが安心してください。

ギタープレイヤーの人口はピアノよりも圧倒的に多いのです。少し古いデータですがご覧ください。

www.3-guitar.com

余談ですが、僕は高校の頃バンドがやりたい!と思って仲の良い同級生にドラムやってくれとお願いしました。

彼は未経験だったにも関わらずドラムを始め、一緒にやってくれました。今考えるとめちゃくちゃなお願いだったのですが。笑

そこから二人でスタジオに入ったりしていたのですが、彼のつてでボーカルとベースが見つかってバンドを結成することができました。

 

2.ネットで探す

ネット上で探すのも今では普通になりました。

メンボサイトの他、ユーザーこそ減っていますがmixiのメンバー募集コミュニティもよく募集の記事が投稿されています。

またTwitterで探すのもいいかと思います。ただしやはり顔が見えない状態でやり取りを行うので連絡をしても音沙汰なかったり、自然消滅することが多いです。

組めたらラッキーくらいのスタンスがいいかと思います。

メンボサイトはいくつかあるのですが、今一番利用されているのはoursoundsです。

バンドメンバー募集 OURSOUNDS

 

3.スタジオやライブハウス

スタジオではメンバー募集の紙がよく貼ってあります。

そこから連絡を取るのもいいですし、逆に加入希望でこちらから張り出しておくのもいいかと思います。

ライブハウスではやはりプレイヤーが多いのでバンドのライブに足を運んで横の繋がりを作るといいでしょう。

ただしこれは初心者の方や気軽にやりたいと思ってる方はオススメできません。比較的本気でやってる人が多いからです。

 

4.楽器店員と仲良くなる

店員はよく来てくれるお客さんとかなり距離が近くなります。

なのでこういうバンドがしたいとかメンバーが足りてないという話もよく聞きます。(時には就活の相談までも受けていました笑)

僕は実際にそういうお客さん同士を繋げてバンドを組んでもらったりしていました。

ただやはりよく知らないお客さんをいきなり紹介はできないので、よく来てくれて話をしたことがあるお客さん同士を紹介していました。

少々イレギュラーな方法かもしれませんがこういうこともあります。

また余談ですがそうして結成されたバンドがあり、僕が退職した今でも活動を続けています。

ライブは年に一回するかしないかという感じなのですが必ず見に行っています。

みんな楽しそうで紹介して本当に良かったなと思っています。

毎年忘年会に誘ってくれて今年も参加してきました。笑 

 

おわりに

楽器をやっていて少しでもバンドに興味がある方は是非アクションを起こしてみてください!